野菜が持つ栄養素や食事への効果。旬の季節で栄養価も違う

秋に旬を迎える野菜

暑い季節から急に温度が下がり、寒い冬へと移行する秋の季節は、季節の変わり目ということで体調を崩す人が多く出てきます。9月頃を中心とする秋の季節には、さつまいもやさといも、たまねぎ、にんじん、かぼちゃといった、根菜をはじめ食べがいのある多くの野菜が旬を迎えます。デザートにおかず、スープなど多くの活かし方ができる野菜がたっぷり収穫できるため、まさに「食欲の秋」にふさわしいと言えるでしょう。秋に収穫時期を迎える野菜の多くは、夏にたっぷり日差しを浴びて栄養を蓄えていることから、人にたくさんの栄養を与える優秀な食材とされています。

特に秋の旬野菜として有名なさつまいもは、ほどよい甘さとボリュームから多様な活用方法があります。同じ日本国内でも複数の品種が作られており、紅あずまや紅イモなどが流通するでしょう。複数のビタミンとカリウムを含んでおり、中でもビタミンCはリンゴの4倍以上も含んでいます。にんじんは炒め物・スープ・煮込み料理・デザートなど万能な使い方のできる食材。にんじんの栄養は皮のすぐ内側にあるため、皮ごと調理するか皮を注意して薄く向くのが理想です。玉ねぎやじゃがいも、キノコ類など、スープを作るのに適した季節です。