野菜が持つ栄養素や食事への効果。旬の季節で栄養価も違う

冬に旬を迎える野菜

寒い冬の季節には人の体も活動をしづらくなりますが、それは野菜も同様です。冬には日差しが届きづらく風や雪で空気が凍り付きやすいため、この時期には土の中で成長をする野菜が主に旬を迎えます。かぶや白菜、れんこん、長ネギ、大根、ブロッコリー、ほうれん草などが冬の旬の野菜。緑色や白色をした野菜が多く見られます。冬に旬を迎える野菜は土を通して栄養をたっぷり蓄えていることから、体調を整えるための栄養が豊富に含まれています。特にビタミンCが多い傾向が見られており、人の免疫を活性化させ風邪や病気の予防に適しています。

冬野菜の代表格ともいえる白菜は、甘みのある葉野菜として有名。外側と内側の葉に加え、中心部の芯など、部位によって味わいや食感、栄養素が異なることでも知られています。鍋料理やスープ料理と相性が良く、熱を通すことで芯の部分も柔らかくなって食べやすくなります。大根は生のまますりおろしたり、煮込んだりと様々な使い方ができる食材。ジアスターゼやアミラーゼなどの酵素が多く含まれている野菜ですから、腸内環境を整えたり体調不良をやわらげたりといった働きも期待できます。大根はまっすぐ伸びて太いものを選びましょう。