野菜が持つ栄養素や食事への効果。旬の季節で栄養価も違う

野菜の栄養の役割

季節によって旬を迎える野菜はそれぞれあります。今ではどの季節にも関係なく多くの野菜を楽しむことができますが、旬の野菜は栄養価が高く値段もお手頃ですから、季節に合わせた野菜を食卓に使うのがおすすめです。野菜にはそれぞれ種類によって異なる栄養素が含まれていますが、ほとんどの野菜からビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に摂取できます。ビタミンやミネラルは、エネルギーとは違って体を動かす直接の栄養源ではありませんが、食べたものをエネルギーとして変換するサポートをしたり、体の調子を整えたりする重要な働きをしています。

野菜のビタミンとして有名なのは、体内でビタミンAに変換され目や皮膚・粘膜を健康に保つβカロテン、コラーゲンの生成や抗酸化作用を持つビタミンC、エネルギーの変換を手助けするビタミンB1、血液を凝固させるためのビタミンKなどです。ミネラルについては、体内の水分を調整するカリウム、骨や歯をつくるカルシウム、血液をつくるのにかかわる鉄分などが挙げられます。食物繊維は腸内環境を整えて快適な便通を促します。毎日を健康な体で過ごすために必要な栄養の多くが野菜から摂取できますから、旬の野菜を中心に毎日の献立を立ててみましょう。