野菜が持つ栄養素や食事への効果。旬の季節で栄養価も違う

野菜の栄養と旬の関係

野菜を食べると健康に良い、とはよく聞く言葉ですが、実際にどのような理由で野菜が体に良いとされているのかは知っていますか?有名ですが野菜にはたくさんの栄養素が含まれています。ビタミンや食物繊維、ミネラル類といった野菜ならではの栄養素は、体の調子を助けるために多くの働きをこなしています。そのため野菜が不足すると健康を害して体調不良を起こしますし、逆に野菜を積極的に食べることで、健康が整えられて毎日元気に過ごすことが叶うというわけです。ですから野菜で健康になるという考え方はあながち間違いではなく、さらに効率性を重視しようとするのであれば、食べる野菜の選び方に注目し、より栄養価の高い野菜を選んで食べるのがおすすめです。野菜の種類によって含まれる栄養素は多種多様ですが、同じ種類であっても旬の季節の野菜には、特に高い栄養価が認められています。

年中流通されているような野菜でも、それぞれ「旬」と呼ばれる適した季節が存在します。旬の季節は大量に収穫されるため値段が安く、その上価格もお手頃というメリットが存在します。加えて旬の野菜には、適した季節に成熟したという条件によって他の季節に収穫されたものよりも高い栄養価が認められているのです。特にビタミン量の差は大きく、ほうれん草では旬の冬とそうでない夏に収穫されたものを比較すると、ビタミンCの量が3倍にも膨れ上がります。もちろんどの季節でもいろんな野菜を食べて栄養を補うのは良いことですが、季節と旬の野菜を照らし合わせて、季節に適した野菜で料理を作るのも健康的な心がけと言えるでしょう。

◎おすすめサイトピックアップ

旬の野菜を選ぶだけでなく、さらにこだわり有機野菜をメインを食べたいという方も多いかもしれません。スーパーでは手に入りにくいと悩んでいる方は、ネットで頼める宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか。有機野菜はもちろん、旬の野菜を手軽に買うことができます >> 有機野菜 宅配